奈良県の自然素材・天然無垢・ダブル断熱を採用した
新築一戸建・建替え・リフォームなら葛城建設株式会社

株式会社葛城建設

株式会社葛城建設


葛城建設が創る家が一年中快適なのは理由があります。

風屋・SW工法について

風屋

自然素材を生かした
人に優しい家作り

シンプルだから家が長持ちしメンテナンスの手間も少なくてすみます。
強度・性能面でも技術力を集約。点で支える在来工法と2×4工法の面で支えるものを組み合わせた「耐震ストロング工法」で強靭さを追求。
「フォルテ」による外断熱システムに加え、壁・天井には「ファイバーエース」を充填し、外断熱を実現。屋外の温度や騒音をシャットアウト、いつでもここは別天地。冷暖房削減など、省エネ効果も期待できます。

自然素材に包まれる室内

床や天井などに使用する無垢のパイン材が発する「フィトンチッド」により、いつでもリラックス。内壁には、風合いが素敵なコテ塗り仕上げを。こだわりの素材の柔らかな質感が、住む人に安らぎを与えます。間取りプランは、お部屋をすっきりと使いやすくまとめました。ずっと住み続けてゆく家だからこそ、飽きのこないシンプルな形が良いのではないでしょうか。

標準仕様

ダブル断熱
ファイバーエース(内断熱材)と、フォルテウォール(外断熱材)によるダブル断熱仕様。
パイン材
無垢の梁を現す事で、開放感溢れる空間を演出。素足に気持ちいいパイン材の床は28mmもの厚さがあります。
トイレ
冬でもヒートショックの少ない暖房便座と洗浄器が標準仕様です。
※手洗いはオプションです。
キッチン
キッチンは「クリナップ」「タカラ」「TOTO」「LIXIL」「Panasonic」の中からショールームへ行って頂き、実際に見て選んで頂きます。
洗面化粧台
洗面台も同様5社からお選びいただけます。
ユニットバス
同様に5社よりお選びいただけます。

SW工法について

風屋

スーパーウォール工法
(SW工法)とは?

SW工法とは、独自の高性能SWパネルによる高気密。高断熱・高耐震構造のことを指します。冷暖房や計画換気システムを組み込んで、部屋ごとの不快な温度差や空気のよどみなどを解消し、住まいの基本性能を大きく向上します。

温度差の少ない大空間

SW工法なら、上下の温度差が少ない快適な空間が作れます。
また、高い断熱性能によって外気の影響をうけにくく、四季を問わず一年中快適な室内温度を保つことが出来ます。隙間の多い住宅ほど室内空気の流出入が大きくなります。冬場の室内で足元が冷たいのは、流入した冷気が足元へ降りてきて、部屋の上下で大きな温度差が生じるためです。SW工法住宅の優れた保温性は、高気密・高断熱で外気に影響されにくく、頭から足元まで均一な温度の快適空間を保てます。

空気が綺麗

高気密にこだわるSW工法住宅なら、より質の高い計画換気を実現できます。24時間、365日換気システムで、家の中はいつもきれいな空気。ご家族の健康をしっかり守ります。計画された換気経路にもとづいて、ゆるやかな空気が流れ、室内空気のよどみを解消。空気のよどみによる室内の湿気上昇を抑制し、不快な結露の発生を抑えます。

地震や台風に強い

地震大国ニッポンにふさわしい、独自の「SWパネル」高耐震構造。
木造軸組工法の場合、外力が柱や筋交いに集中して、建物がねじれやすくなります。SW工法は木造軸組工法に高性能SWパネスをプラスすることで、外力を建物全体に分散してバランスをとる、災害に強い住まいを実現。SW工法で使用するSWパネルやサッシは、様々な試験で耐震性・耐風性をチェックし、その高い安全性が実証されています。

結露対策

住まいの結露対策は、目視できる窓まわりだけでは不完全。
普段見ることのできない壁の中にも結露が生じ、躯体を傷める原因となることがあります。SW工法なら、室内外から侵入してくる湿気に対してダブルの防湿対策。水分を通しにくい発泡ポリウレタン断熱材が室内側からの水蒸気をガード。さらに室外からの湿気も通気層から掃き出し、躯体の乾燥状態を保って耐久性を高めます。

騒音対策

騒音は、主に建物の隙間などを出入りしています。SW工法住宅は、気密・断熱パッキンによるSWパネルの高気密施工で、優れた遮音性能を発揮。さらには、SW工法で採用する断熱サッシが、高気密性かつ複層ガラス仕様によって遮音性能を一層高めます。
(※SW工法では、建物の気密性能を確認するための気密測定を実施し、性能報告書とともにお客様にお知らせいたします。)

標準仕様

  • 施工の流れ
  • SWパネルの施工方法

ページバック