奈良県の自然素材・天然無垢・ダブル断熱を採用した
新築一戸建・建替え・リフォームなら葛城建設株式会社

株式会社葛城建設

株式会社葛城建設

真美ケ丘東 モデルハウス オープンしました!

みなさん こんにちわ 工事部の葛城です。 ついに【真美ケ丘東】の分譲地にて【モデルハウス】が完成致しました‼️ 今回のモデルハウスのコンセプトは【ナチュラルな空気感と男前なビンテージ感を組み合わせた家】です。 ところで最近インテリア雑誌などで人気のインダストリアルインテリア。最近よく耳にしますが、みなさんはご存知ですか?インダストリルの意味は工業的。公共の場(学校や工場や病院など)で使われた家具や道具をアレンジしてインテリアに取り入れていくのがインダストリアルデザイン。このインテリアがなかなか難しいんです💦 インダストリアルデザインのキーワードは【アイアン】【レザー】【レンガ壁】【ウッド】この4要素を【使い古されたビンテージ感】で仕上げていくのが基本的な定義のようです。 ナチュラルな家づくりと得意としている葛城建設が、工業的なデザインとうまく融合していくのか? では葛城建設のモデルハウスにご案内いたします。 まずは外観です。 葛城建設の外壁は一般的なサイディングは使用せずに、左官職人による塗り壁を標準仕様としています。手間の掛かる外壁工事を行っていますが、その分耐久性に優れ、また断熱効果(外断熱工法のため)も非常に優れています。 見た目の可愛さ以上の性能を発揮してくれる塗り壁工法。 なかなか写真では温かみのある雰囲気は感じられませんが、ぜひ現地にてご確認ください。※洋瓦の可愛さの確認も必須ですよ♪ ポーチはピンコロ石で仕上げました。 ランダム積みのピンコロ石は、石の専門店に出向いて1個1個良い品を検品して購入しました。石を積むのも大変でしたが、同じくらい石の選定にも時間をかけた思いれのある玄関ポーチです。 門灯はピンコロ石と同じテイストの照明が見つかりました。 夜の点灯が楽しみになる照明です。たぶん白壁に良い感じの陰影を出してくれるはずです! MAMIGAOKA EAST NO.4の看板は弊社スタッフの自作です。 玄関ドアを開けるとLIXILの新製品ヴィンティアの室内建具がお出迎え。写真には写っていませんが右手にはシューズBOXもありますので、正面の収納スペースと合わせて使い勝手は良いと思います。 リビングドアの握り玉。古くて新しいデザインの【握り玉】新感覚の取っ手の感触をぜひ体験してください(笑) ドアを開けるといよいよリビングです。 正面に見えるのは独立キッチン!今回のみどころの一つです。 独立キッチンのメリットとしては、なんといっても急な来客があった時。 キッチンが散らかっていても、ダイニングやリビングからは見えにくいこと💦 今主流となっているオープンキッチンはどうしてもリビングとのデザインの調和が必要になってきますが、独立キッチンならデザインよりも作業効率が上がる配置を優先に出来ます。 また独立キッチンならリビングの雰囲気と違ったデザインインテリアを楽しむことが出来るのも嬉しいですよね。 モデルハウスの独立キッチンは床をモザイクタイル調に仕上げました。 こんな感じでリビングと床のデザインも簡単に変えることができます。ご参考に… 独立キッチンの天井は勾配天井に仕上げました。 カップボードの上部に明かり窓もありますので、開放感抜群の気持ち良い空間になっています。またキッチンの窓からはウッドデッキを見下ろすことができるので、お子さんの水遊び(プール)を監視しながら食器洗いも出来る、ママ目線な仕様となっています。 ウッドデッキがこちら。正面の窓がキッチンの窓です。ちなみにこのウッドデッキは社員の手作り仕様。目隠しフェンスも良い感じに仕上がりました! キッチンの奥には大容量の食品庫(パントリー)です。 キッチンで案外こまるのはゴミ箱の設置スペースです。 せっかくの美しい使い勝手のよいキッチンをセレクトしたのに、ダストスペースを確保しておかないと使い勝手の悪いキッチンスペースになる可能性台です。 また勝手口横にダストスペースを設置することでゴミだしも楽ちんですね。また、ダストスペースの上部には家電収納庫&食品庫スペースも設置しています。 リビングの壁はしっくい塗り。高品質の漆喰(しっくい)に珪藻土を配合 した、自然素材の塗り壁です。断熱性と調湿性を備えた日本の住宅に適した内装用塗り壁です。特に調湿効果が優れているので梅雨のじめじめな時期も、室内はカラット快適です。 リビング・ダイニングのフローリングはフィンランド産パイン材を使用しています。 手で触ると、無垢独自のあたたかみを感じる事ができます。また床材の厚みは一般的なフローリングの2倍以上の厚さがあります。(厚み28mm) 造り付けの造作ベンチ&エコカラットの壁。 エコカラットはレンガ積もモチーフとしたデザインをチョイス。これで自宅カフェの完成です! 壁紙では絶対に出せない本物感が良いです。 今回は窓の周りにタイルを張付ける事になったので、少し工事費が掛かりましたが、一般的な壁なら費用も抑えることが出来ますので、ぜひお問い合わせください。 おすすめのオプションの一つです! お子様のリビング学習は推奨されていますが、ダイニングテーブルで勉強をされるといつまでもリビング片付きません。なので今回は思い切ってリビング内に学習スペースを確保しました。お子さん二人なら十分使えるダブルデスク仕様。 当然お父さんの書斎としてもOKです! リビング・ダイニングが広々としていますので、こんなカウチを設置できるスペースもあります。 こんなカウチソファーに座ってゆっくり読書&コーヒー。 至高の時間をどうぞ(笑) 洗面所は少し大きな1.5坪。 0.5坪(タタミ1畳分)が大きくなると、こんな収納庫を設置することが出来ます。 洗面室の収納庫に扉があると使い勝手が悪くなると最近よく耳にするので、今回のご提案はオープン棚としています。 たしかにバスタオルを出すのに、いちいち扉を開けるのは面倒ですよね。 また天井には部屋干しが出来る物干しもあります。 以上が簡単なモデルハウスの【みどころ】ポイントです。 このブログを見られた方で、一度見学したいなぁ~と感じて頂いた方は、ぜひお問い合わせください。 お問い合わせ:0745-76-5510 【モデルハウス真美ケ丘東】 AM10:00~PM18:00 火曜日定休日(第三木曜日定休)   最後にiPhoneやiPadで今回のブログを閲覧すると、写真が横にこけてたり上下逆さまになっていたりします。大変申し訳ございません‥ pcからなら問題は無いのですが、問題が解決せずにupしました。 大変見にくくで申し訳ございませんでした🙇      

【真美ケ丘東】モデルハウス 完成まで1週間となりました

  • 2017年06月16日 PM11時02分
  •  
🚴🚴‍♀️みなさん こんにちわ 工事部の葛城です🚴🚴   真美ケ丘東のモデルハウスのオープンまで、いよいよ1週間となりました♪ 3月から弊社の設計士である藤木が間取りを作成し、その間取りを元に「あ〜だ、こ〜だ」と社員一同でデザインを決めていきました。 葛城建設がデザインする家は下記の施工事例の通り【ナチュラルテイスト】の可愛い家😊を得意としています。↓
広々LDK!
が、しかし今回のモデルハウスでは【リクシル】さんの新製品の室内建具である【ビンティア】にテイストを合わせて、葛城建設では珍しい【インダストリアル】なデザインに挑戦する事となりました😅 まずは図面に家具の配置などをイメージしながら、造作の詳細を膨らませていきます。 工事着工前にある程度の完成図を固めて行いと、大工さんに指示が出来ないので、ここはきっちり時間をかけて考えます。 落書きですが、一応モデルハウスの設計図となります。 工事が着工し始めると、更にイメージを膨らませて行きます。 今回の見せ場はなんといってもダイニングスペース‼️ インダストリアルデザインのキーワードである【ウッド】【アイアン】【レンガ】【ビンテージ】【職人の無骨感】がどこまで出せるか、これからの社員総出の家具作りで勝負が決まります笑。 ※一口メモ※弊社のモデルハウスの家具は80%社員が作成。 外観はこんな感じです👷⤵ 外観の見所は営業の吉村&現場監督の森井によるウッドデッキです。 因みに営業の福徳は優しい笑顔で応援してくれました😊👍 細かなデザインも決まって行きます。 天井の照明にはダウンライトを予定しているので、梁見せの寸法など細かな詳細を決めます。 それにしてもモデルハウスのデザインを考え、カタチにしていく仕事は毎回楽しくて仕方がないです👌 何十人ものスタッフとひとつのモノを作りあげ、それに共感して頂けるお施主様と出会える‼️こんな楽しい仕事は他にはないです😊 さて、大工工事も終わり、仕上げの工事も終われば、ラストはデザインのセッティングです✊ 下記の落書きが仕上げの家具配置となります。 家具の購入は来週の月曜日に、設計士の藤木と買い出しを行い、翌日に社員総出で組み立てます😉この社員みんなでモデルハウスの仕上げをする時間も、本当に楽しい時間です。 ひとつのプロジェクトを、みんなで仕上げるのは、何回やってもワクワクします。 DIYの小物類もスタンバイOK🙆‍♂️ 手作り感満載の葛城建設のNewモデルハウス! 乞うご期待(^^) 真美ケ丘東 前回11区画 4号地model house プレOpen  6月24日 Grand Open 7月1日

【真美ケ丘東】モデルハウス もうすぐ完成します

みなさん こんにちわ 工事部の葛城です。 現在建築中の【真美ケ丘東】モデルハウスですが、いよいよ最終の仕上げ工事に入っています。 リビングの仕上げは漆喰塗り(商品名はインナーコート)となっています。 漆喰は調湿効果がありますので、リビングは年中カラッと快適な空間となります。 上記写真の丸い流線型の壁は、漆喰塗りだからこそ出来るデザインです。 通常クロス張りでは施工は控えています。(無理にやろうと思えば出来ますが、おすすめは出来ません) 漆喰塗りの場合はどんな形でも綺麗に仕上げる事ができるので、デザインにこだわりのあるかたは是非オススメしています。 モデルハウスのオープンは6月下旬を予定しています。 お楽しみに😊    
ページバック