奈良県の自然素材・天然無垢・ダブル断熱を採用した
新築一戸建・建替え・リフォームなら葛城建設株式会社

株式会社葛城建設

株式会社葛城建設

【安部5期6号地】M様邸 本日上棟です

みなさん こんにちわ 工事部の葛城です👷 本日は大安吉日で穏やかな天候の中、広陵町安部の弊社分譲地にて、M様邸の上棟を行なっています✊ 工事は早朝8時からのスタートです。 上棟の朝はいつも緊張感に包まれています✊ ブルーシートをめくればいよいよ工事開始です👷 一階の柱が完了。 次に梁桁の施工 に入ります。 上棟時には大工さんの頭の中には設計図が頭に叩き込まれています✊ なので、ドンドン組み上がっていきます!いつ見ても惚れ惚れするコンビネーションです。 今回のM様邸の棟梁を勤めるのは山本大工です。(マサ君) 若手のホープのマサ君はベテランの大工さんにテキパキと指示をしながら、最前線で動き回っています! 順調に工事は進んでいます✊ 2階の格子組が終われば、大事な工程である垂直状況のチェックとなります。 【さげ振り】という道具を使います。 垂直精度に不良があると仕上げ精度に大きく影響し、ドアの開閉不良等につながります。棟上げの工程で一番大事な部分と言えるかもしれません。 この水平精度のチェックは中西大工さんが行いました。 垂直の確認が出来れば、仮筋交いという材料を柱と柱の間に、 斜めに取り付けていきます。 営業担当の福徳も工事の進捗具合をチェックしています。 工事は順調に進んでいます。 続きまして、2階の床合板の施工です。 合板が完了すれば二階部分の柱と梁桁に入ります。 二階の小屋組みが完了すれば、いよいよ上棟です。 棟木の施工も終わり無事に上棟が終わりました😊 最後に野地板の施工です。 大安吉日の良い日に上棟が完了しました✨ 本日はお疲れ様でした。 M様、おめでとうございます😊

【安部6期1号地】外構工事が本格的にスタート

みなさん こんにちわ 工事部の葛城です。 只今、安部6期1号地O様邸の外構工事を行なっています。 広い庭にはジャミ石を敷き込んでいます。写真に見える黒いシートは防草シート。雑草が生えにくくする為に施工を行なっています。 勝手口の踏段は最後の仕上げの工程に入りました。 左官職人さんに表面を美しく仕上げて頂いています✊ リブブロック等を使って簡単に仕上げてしまう場合もありますが、弊社は手間かけて左官職人さんにお願いして頂いています。 やっぱり仕上がりの美しさが違います! 外構工事のメインディッシュは、やっぱり門柱の仕上げです😊 現在は下塗り段階ですが、これからデザイン加工を行なっていきます。 さぁ〜いよいよO様邸の工事は終盤戦に入ってきました。

【安部6期1号地】内装工事は完了です。

  • 2017年03月25日 PM01時53分
  •  
みなさん こんにちわ 工事部の葛城です。 広陵町安部6期1号のO様邸の工事はおおづめを迎えています。 内装工事は美装工事まで完了しました。 自然派素材の代表格である【フィンランド産のパイン材】による無垢のフローリングが美しいですね😊 自然塗料のラッペンワックスで仕上げているので、優しい仕上がりになっています♪ goodです☺️ 外構工事はデザインの選定も決まり、いよいよ本格的に工事が始まりました。 こちらの完成も楽しみです♪

【リフォーム 香芝市】洗面化粧台の入替です

みなさん こんにちわ 工事部の葛城です。 本日ご紹介するのは【洗面化粧台】のリフォームです。 お施主様は先日【浴室】のリフォームおこなった香芝市のS様です。 まずはbeforeです👇 標準的なw750㎜の一般的な洗面化粧台ですが、今回のリフォームではw1650㎜の商品を選ばれています♪メーカーさんのショールームにも展示していない大型のタイプです。今回は施工が楽しみ!というよりも、なかなか前例のない商品サイズなので、搬入は大丈夫だろうか?床や壁の不陸は大丈夫だろうか?と心配事の方が多かった気がします😅 今回のリフォームではお施主様と、何度も何度も打ち合わせを行わせて頂きました。お施主様の完成イメージ✨と私たち(工務店)の完成イメージ✨とはどうしてもギャップで生まれるので、そのあたりのすり合わせが毎回ですが大変です😊 S様の奥様は上記のような完成イメージのイラストを描いてくださるので、大変助かりました!😆 まずは大工さんに小壁を作って頂きました。 出来上がれば『こんな物か~』ですが、このサイズに決まるまでの打ち合わせが大変でした。この大変さが、仕上がりの美しさにつながるんです👍 先ほどまで見えていた扉はクローズしました。 S様邸の洗面室は2WAYタイプなので、あまり使わない動線(廊下からの入口)をなくして、収納件作業台とする事になりました。 クロス工事が完成! いよいよ仕上げ工事です。 こちらがafter💁‍♂️ 写真におさまらない大きさですね‼️ 実物はその大きさに圧倒されます😊 ワイドが1650mm。高級ホテルの雰囲気をかもし出してます。 奥の作り付けのカウンターは下部が収納、上部がワンちゃんの散髪台やアイロン台になります♪ 無事に完成してワンちゃんも大喜びです! 完成して一番大喜びなのは現場監理を担当させて頂いた私かも知れませんが… 本当に良かった良かったです。 工事中は色々ありますが、リフォームは楽しいですね😉

【安部5期6号地】基礎工事

みなさん こんにちわ 工事部の葛城です。 2月7日(火)からスタートしたM様の基礎工事についてのご報告を行います。 まずは配筋工事です。 自画自賛になりますが、本当に美しい仕上がりとなっている配筋の施工状況です。 配筋が完成すれば第三者機関による検査が義務付けられていますが、検査の際に検査員から『配筋の間隔、補強の状況共に完璧な工事ですね。』とお褒めのお言葉をいただきました。 弊社にとっては当たり前の状況なのですが‥‥ でも褒められると、やっぱり嬉しいものですね♪ 配筋が完了すればコンクリートの打設です。 コンクリートの硬化する養生期間が終われば、いよいよ木工事が始まります。 最後に葛城建設の基礎工事の仕様について、ご説明を少しだけ‥ 葛城建設の基礎の横幅は150mmを標準仕様としています。 建築基準法の規定は120mmなので、一般的な住宅にくらべると125%分厚くなっています。 これは耐震等級3相当の耐震性をもたせる為には、大変重要なポイントとなりますし、経年劣化を考えても非常に大切な30mmのアップと考えています😉 葛城建設の標準仕様は、耐震性能&断熱性能&メンテナンスフリーを第一に考えています✊本当に自慢できる家づくりを行なっているので、日々誇りを持って工事完了を行なっています👷✨    

【リフォーム 香芝市】在来工法の浴室をシステムバスに変更しています

みなさん こんにちわ 工事部の葛城です。 只今、在来工法(タイル壁&床)浴室をユニットバスに入れ替えるリフォーム工事を行っています。 今回の浴室リフォームは2017年 国土交通省の住宅ストック還元事業の補助金を利用する事になりましたので、お施主様はちょっとお得なリフォームです。 まずはビフォーの状態🙂 すごく綺麗にお使いの浴室なので、リフォームは不要かな?と思いましたが、タイル壁&床のお掃除が大変な点と、冬場の寒さをなんとか改善したいということで心機一転リフォームとなりました。 リフォームの初日⬇︎ タイル壁の解体からスタートです。写真ではあっと言う間の解体のように見えますが、ここまで来るのに大変でした。リフォームの解体は何でもかんでも破壊しては良いと言うものではないので、毎回解体の初日は緊張感に包まれています✊ 浴室の天井もスッキリ解体できました。 ✨✨✨✨✨ リフォーム2日目⬇︎ 浴室の撤去も終わり、解体のメイン作業となる土間の搬出です。運んでも運んでも終わらないガラや残土‥‥ だいたい軽トラっこ3倍分のガラ&残土の搬出となりました。2日目は土間コンクリートを打設して完了です。 ✨✨✨✨ リフォーム3日目はコンクリートを乾燥させる必要があるので、工事はお休みです👷 ✨✨✨✨ リフォーム4日目。 いよいよユニットバスの施工です。 午前中に床の施工は完了。今回のユニットバスは【タカラスタンダード】製の商品です。 本当はタカラさんご自慢の耐震フレーム の撮影も行いたかったのですが、1時間ほど他の現場に行っている間に床が完成していました。残念です😅 それにしてもタカラの職人さんは手際が良いです。 お昼が過ぎると、壁が仕上がりました! ここまで来ると 古い浴室の面影はないですね。 後は高断熱浴槽を設置すれば完成です♪ タカラスタンダードの高断熱浴槽&断熱蓋を使用すれば、お湯が冷めにくいので光熱費もグンと抑える事が出来ます❗️ これで在来工法の浴室から最新式のユニットバスに生まれ変わります😊 本日はユニットバスは設置したてなので、お使いになる事は出来ませんが明日からは早速入浴が可能です❗️ 楽しみですね。 明日からは浴室の大工工事がはじまり、ガス給湯器(エコジョーズ)の取り替えも行います。 明日もリフォーム工事をがんばります👷 追伸〜 リフォーム工事をお考えで、2017年 国土交通省の住宅ストック還元事業の補助金を利用されたい、または詳しい話をお聞きになりたい方がおられましたら、お気軽にご相談下さい😊 よろしくお願い致します💦

【安部5期6号地】地盤改良工事

みなさん こんにちわ 工事部の葛城です。 本日から新規の新築現場の工事が始まりました。 場所は広陵町安部の分譲地です。 新築工事の最初の一歩は【地盤改良工事】からはじまります。 そもそも地盤改良工事ってなんでしょう? 地盤改良工事というのは、軟弱地盤に手を加え、建物を建てるための土台を補強する工事のことです。 建物の土台は基礎といい、建物の骨格がぐらつかないようなベースを作ります。 この基礎は、ある程度土地の強度がないとしっかり地盤に固定することができません。 ですので、軟弱地盤である場合、この地盤を何らかの方法で基礎を設置しやすい状況に変えてあげる必要がでてくるのです。 また軟弱地盤という言葉に不安を感じられるかも知れませんが、どうしても新規分譲地の前は田んぼや畑だった事が多いので、地盤調査を行うと軟弱地盤という判定になりがちです。 地盤改良工事には大きく3種類の施工方法がありますが、本日行いましたのは柱状改良工法です。 工事内容はこんな感じとなります。 地盤改良工事は下記の大型重機を使って行います。 この工事が完了すれば、来週から本格的な基礎工事がはじまります👷  

【安部6期1号地】大工工事もいよいよ大詰め

みなさん こんにちわ 工事部の葛城です。 安部6期の分譲地のO様邸ですが、いよいよ大工工事がラストスパートとなっています。 キッチンの造作家具もほぼ完成しました。 和室の工事もいよいよ完成です😊 大工工事は今週末で終了。来週からは仕上げのクロス工事が始まります👷
ページバック