奈良県の自然素材・天然無垢・ダブル断熱を採用した
新築一戸建・建替え・リフォームなら葛城建設株式会社

株式会社葛城建設

株式会社葛城建設

配筋検査

みなさんこんにちは工事部の葛城です。

本日は東三倉堂で建築中のモデルハウスの進捗状況をお伝えします。

工事内容は基礎工事です。

本日は基礎工事の中で一番大切な【配筋検査】です。

葛城建設の標準仕様である耐震強度3相当を実現する為の配筋は過剰?と思えるぐらいに太い配筋を多く使用しています。

ダイニングリビングの空間にはD13と言う大きな鉄筋が使用されています。

また一部にはD16と言う一般住宅にこんな太い鉄筋が必要なの?と思うぐらい太い鉄筋も使用されたりもしています。

耐震強度3を確保するにはこれだけの鉄筋が必要なのか!と改めて感じさせてもらいました。

配筋検査が終わればいよいよ基礎工事はコンクリートを流し込んで完成へと向かっていきます。

ページバック
ページバック