奈良県の自然素材・天然無垢・ダブル断熱を採用した
新築一戸建・建替え・リフォームなら葛城建設株式会社

株式会社葛城建設

株式会社葛城建設

窓の改修工事(カバー工法)

みなさん こんにちわ 工事部の葛城です。 本日ご紹介するのは、老朽化によるアルミサッシの入れ替え改修工事です。 通常のアルミサッシ入れ替え工事では、既存アルミサッシの解体、サッシ周りの内壁・外壁の解体とその補修など、多業種にわたる工事が必要になります。(大工工事、サッシ工事、左官工事、外壁塗装工事、クロス工事など) 今回のお客様にご紹介させて頂きましたのは、既存サッシ枠の上から新たなサッシ枠を取り付ける【カバー工法】です。 このカバー工法なら、サッシ職人さんの一業種で工事が完了するので、工期も短縮出来ますし、価格も抑えられます。 但し、窓の寸法が一回り小さくなりますので、採光が必要な部屋では多少検討する必要があるかもしれません。 今回のお客様は風を通す事がメインの北側の窓でしたので、ご採用されました。 まずは、Beforeです。↓ image 縦滑り窓ですが、開閉が出来ない状態になっていました。 最初に窓を撤去します↓ image 次に窓の周りに木枠を組んでいき、その木枠にサッシをとります↓ image 階段踊り場 の窓ですので、開閉がし易いジャロジータイプを採用しました↓ image 最後にカバーを取り付ければ完了です↓ image 2階の窓では足場がないと施工出来ない事もありますが、今回のお宅では2連のハシゴで工事が完了出来ました。 工期は1日で完了します。 サッシ窓だけでなく、玄関ドアのカバー工法もありますので、ご要望の際はお気軽にお問い合わせ下さい。
ページバック
ページバック