奈良県の自然素材・天然無垢・ダブル断熱を採用した
新築一戸建・建替え・リフォームなら葛城建設株式会社

株式会社葛城建設

株式会社葛城建設

只今、広陵町にて外断熱工事を施行中

みなさん こんにちわ 工事部の葛城です。 只今は、広陵町三吉(時計台公園前)2期の分譲地にて外断熱工事を行っています。 image 普通のサイディング仕上げの家では、外壁下地材に防水シートを施工すれば(上記の施工状態)後は仕上げのサイディングを張っておしまいです。 しかし葛城建設の外装材はサイディングではなく【塗り壁仕様の外断熱】となっています。 なので、サイディングのように簡単には工事は進みません! image 上記のように外断熱材を一枚一枚丁寧にカットし、外壁に取り付けていきます。 この外断熱はの効果としては、 外装材のすぐ内側に有効な断熱層をつくることで、日射や放射冷却の影響を受けにくく熱損失が少ない。 ・内断熱工法の場合とは逆に、床や壁、屋根を室内環境を保つための蓄熱体として利用することができ、室内温度を適正に保つためのエネルギーが少ないため経済的である。 ・建物の構造体が室内環境を保つための蓄熱体となるため、部屋に極端な温度差が生じにくく、冬期の結露の心配が少ない。 など大きな効果が認められます。 image いいこと尽くしの外断熱ですが、日本であまり普及していないのは、コストがアップしてしまうのと、工事期間が長くかかってしまうからと考えます。 イニシャルコストが多少アップしても、その分毎日快適に過ごせてランニングコストも抑えられる外断熱工事を葛城建設は標準仕様としています。 ぜひ広陵町三吉の分譲地にて、施工状況をご確認下さい!随時、構造見学会を行っています😊   ※葛城建設の断熱材は外断熱だけではなく、内断熱(セルロースファイバー)も標準仕様です。 ダブル断熱と言えば葛城建設ですよ〜 image  
ページバック
ページバック