奈良県の自然素材・天然無垢・ダブル断熱を採用した
新築一戸建・建替え・リフォームなら葛城建設株式会社

株式会社葛城建設

株式会社葛城建設

セルロースファイバー断熱材を施工中です

みなさんこんにちわ 工事部の葛城です。 只今安部5期1号地のモデルハウスでは断熱工事を行っています。
なんといっても葛城建設の家はダブル断熱が自慢です。
そのダブル断熱の中の【内断熱】について少しお話をさせて頂きます。
葛城建設は新聞紙で内断熱を行っています!
『∠( ゚д゚)/ 「え」 新聞紙が断熱材?』
はじめて聞かされると驚きますよね。
でも本当なんです。
葛城建設が採用している内断熱材はセルロースファイバーという新聞紙をリサイクルした断熱材なんです。
こちらがその断熱材↓
セルロースファイバーという名の断熱材。
この断熱性能については…語りたい内容が山のようにありますが、今回は一番みなさんが心配されている事柄について書きたいと思います。
それは!
『新聞紙の断熱材なんて燃えやすいんじゃないの?』です。
正直に言いますと、私も最初にそう感じました。
しかし!実はそうでは無いのです( ̄ー ̄)ニヤリッ
詳しい内容はコチラのサイトをご覧ください↓
セルロースファイバーにはホウ素系薬剤が含まれてます。
ホウ素系薬剤には物質の水分を吸収する性質があり、万が一の火災の際は、この吸収した水分を吐きだす事により火が燃広がる事を抑えてくれます。
【自己消化性がある断熱材!】
ちなみに葛城建設が使用しているセルロースファイバーの商品名はファイバーエースと云い、ホウ酸含有量は一般的のセルロースファイバーの約3倍使用されています。
※一般的なセルロースのホウ酸含有量は8%ですが、弊社のセルロースは22%。
通常の3倍、まさにシャア専用ザクの性能と同じですね!(●´∀`)ノ+゜*。゜喜+゜。*゜+
施工方法は上記の写真のようにセルロースを撹拌機の中に投入し、ホースを通して壁の中に注入していきます。
熟練の職人さん2人が3日間かけて行う断熱工事です。
一般的な繊維系断熱材にくらべると、こちらも3倍ほどの工期がかかります。
お金も時間も多く必要になる断熱材ですが、その分の効果は…
この違いは住んでみるとわかりますよ!
また葛城建設のモデルハウスでは、セルロースファイバーの防火実験をいつでも出来るようになってます。
ぜひぜひご体験下さい。
奈良県でセルロースファイバーといえば葛城建設です!
セルロースファイバーと云えばファイバーエース!
よろしくお願い致します。
ページバック
ページバック