奈良県の自然素材・天然無垢・ダブル断熱を採用した
新築一戸建・建替え・リフォームなら葛城建設株式会社

株式会社葛城建設

株式会社葛城建設

【安部6期1号地】祝上棟

みなさん こんにちわ 工事部の葛城です。 昨夜が大変な嵐だったので、本日の上棟が出来るのか心配でしたが、今朝は目覚めると晴天☀️ではありませんか!しかも無風。 完璧な上棟日和となりました‼️ 大安吉日の上棟日。 最高のコンディションの中、工事を進めたいと思います。 IMG_5224 朝は8時から工事開始。 材料は全てブルーシートで養生していましたので、ほとんど雨には濡れていませんでした。まずは一安心😊 IMG_5226 レッカーで材料を吊り段取り良く工事を進めて行きます。 一階の柱は30分ほどで完了して行きます。 IMG_5227 ↑↑↑ 棟上げを仕切るのは豊田棟梁。抜群のリーダーシップで大工さんを仕切っていきます👍 IMG_5233管柱が建て終われば、続いて梁桁を掛けていきます。 IMG_5244手前に見える柱は【通し柱】です。 通し柱とは 木造軸組工法(在来工法)などで使用される最も重要な構造用の柱で、2階建て以上の建築物において、土台から軒まで通った継ぎ目のない柱のことです。 建築基準法では、木造軸組工法(在来工法)の隅柱や隅柱に準ずる柱は、通し柱とすることになっています。 サイズは管柱が105mm角なのに対して、通し柱は120mm角となっています。 なぜ通し柱が少し大きくなるのでしょう?これは現場にてご確認下さい😉ご説明致します。 IMG_5250 二階の梁が組み終われば、【さげ振り】という道具を使い柱の垂直状況をチェックしていきます。 垂直精度に不良があると仕上げ精度に大きく影響し、ドアの開閉不良等につながります。棟上げの工程で一番大事な部分と言えるかもしれません。 この水平精度のチェックは豊田棟梁が自ら行ないます。 IMG_5248 二階の床組も完了です。 さぁ続いて2階の菅柱の施工に入ります。 IMG_5251 2階の垂直精度の確認が終われば、次に小屋束の施工です。 IMG_5252 そしてお昼前には棟上げが完了しました。 IMG_5263 棟木とは 母屋や桁と平行に取りつけられる、屋根の一番高い位置にある部材です。「ムナギ」あるいは「ムネキ」と呼びます。 棟木を取りつけることを上棟(ジョウトウ)あるいは棟上げ(ムネアゲ)と呼び、棟木を組む(上げる)ということは、建物の骨組みを組み終わるということで、無事に大安吉日の良い日に【棟上げ】が完了した事になります。 お施主様のO様。本日はおめでとうございます🎉 IMG_5264 では、続きまして屋根工事に入っていきます😊 IMG_5266 屋根下地となる垂木の施工が終わりました。 垂木と軒桁を接合するビス、タルキックの施工⬇︎ IMG_5278 垂木の施工が終われば野地板の施工⬇︎ IMG_5275 小屋の火打も施工は完了しています⬇︎ IMG_5274 順調過ぎるぐらいに工事は進捗しています。 IMG_5277 最後に記念撮影です‼️ IMG_5284 お施主様おめでとうございます😊 大工さん、本日はお疲れ様でした😊
ページバック
ページバック