奈良県の自然素材・天然無垢・ダブル断熱を採用した
新築一戸建・建替え・リフォームなら葛城建設株式会社

株式会社葛城建設

株式会社葛城建設

【三吉2期6号地】外断熱材が終われば左官工事です

みなさんこんにちわ 工事部の葛城です。 三吉6号地のK様邸では順調に外部の工事も進んでいます。 外断熱材でありますEPSパネルの施工は全て完了しました。さすがは外断熱です!大工工事を行っている室内はすてにポカポカ〜☺️ img_4747 EPSパネルの施工は‥‥無垢材のフローリング同様に、こちらも手間暇かかります。 一枚一枚、特殊ワッシャー付きのステンレス製ビスで施工していきます。 img_4782 サイディングのように簡単にはいきません^^; サイディングならこれ完成!と言ったところですが、外断熱材はこれからが大変です。 まずはワッシャーのアタマをモルタルで補修していきます。補修箇所は一邸に付き3000個ほど‥大変です。 img_4783 全体図はこのようになります↓↓↓ img_4781 ここまで来て、やっと全行程の3分の1。 次に窓の周りや、木材のすき間に水が侵入しないようコーキング工事を行います。 img_4784 コーキングが全て完了すれば、いよいよ左官職人さんの出番となります。 img_4785 上記の写真は屋根周りの左官工事です。 左官工事はモルタルの下地と上塗り。 その後にペンキ系の下塗りとローラーの中塗り、最後に上塗りと何度も何度も左官工事が続きます。 塗り壁の家は、サイディングに比べると本当に大変です。 img_4788 でも、やっぱりこの工程は見てるだけでも楽しいです😊
ページバック
ページバック