奈良県の自然素材・天然無垢・ダブル断熱を採用した
新築一戸建・建替え・リフォームなら葛城建設株式会社

株式会社葛城建設

株式会社葛城建設

K様邸の進捗です。

みなさん こんにちは

工事部の葛城です。

本日は新築物件でありますK様邸の進捗状況をお伝えいたします。

内断熱でありますセルロースファイバー工事は完了しました。

既に完了している外断熱と合わせてダブル断熱工事が完了した事になります。

日中は25度を上回る暑い日が続きますが、K様邸の室内は冷んやり♪

快適に工事を進めてさせて頂いています。

流石!ダブル断熱といった所です。

続いてユニットバスの工事も完了しています。

K様邸のバスはPanasonic製。

葛城建設の水回りはタカラスタンダード、Panasonic、リクシル、TOTO、クリナップからお選び頂けます。

詳しくはお問い合わせ下さい。

階段工事も完了です。

これで2階に上がる事ができます。

階段が終わればいよいよ壁の室内ドアの施工に入ります。

外壁工事は仕上げに入ってます。

葛城建設のフェイスブックに作業中動画をupしましたので、そちらも是非ご覧ください。

さぁ工事もラストスパートです❗️

外断熱工事②

みなさん こんにちは

工事部の葛城です。

外断熱工事の進捗ですが、現在はEPSボードの施工が完了しておりディパネード材による塗り壁の下地工事を行なっています。

これから下塗りを繰り返して、ミルフィーユのように何層も塗り上げて仕上げて行きます。

天候に左右する工事なので、毎日お天気予報が気になりますね💦

室内ではリビングの床材であるフィンランド産の無垢フローリングの施工を行なっています。

木の良い香りが室内を充満してます♪

無垢材はいいですね😆

外断熱工事

みなさん こんにちは

工事部の葛城です。

本日はH様邸の進捗をお伝え致します。

GW前の外壁は上記の通りでした。

葛城建設が使用している外壁の下地材は(株)ノダのハイベストウッドです。

このハイベストウッドの特徴は、① 土台、柱、横架材を、構造用ハイベストウッドで一体化し、構造用合板などを利用し剛床とすることで、 全体を一つの箱にし、壁面全体で外力を受け止め、すぐれた耐震・耐風性能が得られます。②高構造用ハイベストウッドを張りつけた耐力壁は水平力に対して面材のせん断力で抵抗します。③面材工法は、壁面全体で地震力・風圧力を受け止め、バランスよく分散し、 軸組の接合部への力の集中を緩和します。

ハイベストウッドの施工が終われば、次に外断熱工事に入ります。

真っ白な外壁はフォルテボードと言う名の外断熱材になります。

葛城建設の外断熱システム「フォルテ」は外壁塗り下地材と断熱材を一体化した外壁材のフォルテボードに、 弾力性が高く強靭な塗り壁材ディバネートで仕上げた外断熱システムです。フォルテボードは保温にとてもすぐれた性能を持っています。
フォルテボードで家全体を囲い込むことにより、熱の出入りを抑え、高断熱の家を実現します。 また、他の断熱材(ウレタンなど)と違い透湿する性能をもっているため、日本の気候に適した断熱システムといえるのです。

ちなみにフォルテボードだと玄関の垂れ壁をオシャレなR壁にする事も可能です。

フォルテボードが完了すれば、つぎに左官職人による塗り壁工事が始まります。

乱形石のアプローチ

みなさん こんにちは。

工事部の葛城です。

本日は乱形石工事についてのお話です。

外構工事で欠かせないのが土地の全面道路から玄関までを繋ぐアプローチ。

その代表的なデザインが乱形石による舗装工事です。

アプローチにはコンクリート舗装や、洗い出し舗装など色んな種類がありますが、個性的で豪華な印象がある乱形石の乱張りが個人的には一番好きですね。

少しコストがUPしてしまうので予算との相談が必要ですか、お値段以上の価値があるかと思います😊

デザインに正解はないので職人によりデザインはまちまちです。

石の大きさと全体のバランスを考えて施工するので、職人のこだわりが「ギュッ」と詰まっているのも良いですね♪

乱形石のアプローチ。

良いですね。

カパラス瓦

みなさん こんにちは。

工事部の葛城です。

本日はH様邸の屋根工事の進捗状況をお伝えします。

本日中間検査も問題なく完了し、いよいよ次の工程に進みます。

上記の写真は下屋の瓦工事の施工状況となっています。

葛城建設の屋根材は焼成瓦であるカパラス瓦を標準仕様としています。

カパラス瓦の色は全6色で組み合わせは自由です。

今回のお施主様はレッド50%ホワイト50%のミックスを選ばれています。

屋根工事の完成が楽しみです。

新しいお家が出来ました。

みなさん こんにちは。

工事部の葛城です。

新しいお家が完成しました😊

広いリビングのゆったり間取りです。

壁はこだわりのインナーコート(珪藻土入り漆喰)での塗り壁です。

キッチンには食品庫も完備してます。

新しい家はやっぱり気持ちが良いですね😊

H様邸進捗です

みなさん こんにちは。

工事部の葛城です。

本日は日之出町の進捗状況をお伝えいたします。

1号地のK様邸は下屋の工事が完了し、屋根防水のルーフィング工事まで進んでいます。

内部では2階の窓枠と外壁下地、あと耐震金物のほぼ完了しました。

順調にいけば来週の月曜日に中間検査を行う予定です。

2号地のH様邸は建物は完成しました。

外構工事も順調に進んでいます😊

K様邸上棟

みなさん こんにちは。

工事部の葛城です。

本日の工事の進捗状況は、日之出町1号地のK様邸についてです。

今週の水曜日に上棟を行いました。

葛城建設が建てる家は全棟LIXILのスーパーストロング構造体仕様なので【耐震等級3相当】を誇っています。

地震では絶対に倒壊してはいけない建物(警察署や消防署)と同じ耐震等級。

手前味噌ですが、梁も大きくて見た目でしっかりした構造だなぁと感じますね(^^)

棟上げ完了後にはお施主様の記念撮影。

お施主様の為にも、しっかり工事管理を行わせて頂きます😊

 

珪藻土入りの漆喰(インナーコート)

みなさん こんにちは

工事部の葛城です。

本日は朝からH様邸にてインナーコート(珪藻土入りの漆喰)仕上げ工事を行なっています。

インナーコートは、葛城建設が提携しているオーパスさんで開発された完全自然素材の内装用塗り壁材です。 完全自然素材のため、合成樹脂によるイヤな臭いやシックハウスの恐れがありません。 また、珪藻土の効果により、抜群の調湿効果が得られ、カビやダニ、結露から家や身体を守ってくれます。


シックハウスの最大の原因であるホルムアルデヒドを吸着する働きもあり、家具などから発生するホルムアルデヒドから家族を守ります(シックハウス対策として効果を発揮します)。 さらに、素材の吸放湿性によりマイナスイオンの放出、イヤな臭いを取る消臭効果など、キレイな空気のなかで生活できます。

た。

珪藻土入りの漆喰(しっくい)の質感はいつ見ても良いです♪

漆喰は傷が付いても直ぐに補修が出来るので、メンテナンスが楽チンなのが個人的に好きなトコロです。

H様邸の内装工事はいよいよ大詰めです。

広陵町時計台モデルハウス情報

みなさん こんにちわ

 工事部の葛城です。

令和2年に新しいモデルハウスが完成しました。

葛城建設が提案する自然派住宅モデルハウスと言えば【無垢材の素材を活かしたナチュラルテイスト】と【大人カッコイイ ヴィンテージテイスト】な家の2パターンを展開してきました。

この度、新しくオープンするモデルハウスは葛城建設がいままで手掛けていなかった新しいデザインのご提案となります。

 

葛城建設の自然派住宅モデルハウスをぜひお楽しみ下さい。

LDKは22帖の大空間です。

ハンモックが目を引く、癒しの空間となっています。

モデルハウスに来場された際は、ぜひハンモックに腰を下ろして【癒しの空間】をご堪能ください、( ´∀` )。

22帖だとハンモックがあっても広々空間ですね。

1階の床はフィンランド産パイン材の無垢フローリング。塗装はオスモカラーのアンチックファー色。

木目を活かした自然なアンティーク感がでる薄いグレー色です。

写真よりも現物の色がほんとに良い感じに仕上がっているので、ぜひ見て頂きたいポイントです。

上記の写真に写っている建具(開戸)はPanasonicのホワイトオーク色ですが、愛称がGoodです!

 

続きまして、キッチンから見たリビングです。

階段のカラーは踏み板がPanasonicカームチェリー、蹴込板はホワイトオークのツートンカラーを採用しました。

いい感じです♪

間取り的にはキッチンから全てが見渡せるようになってます。

またキッチンとサニタリーが隣り合わせの間取りとなっているので、家事楽な動線となってます。

キッチンも今回はPanasonic製を採用しています。

マット感のあるおしゃれ家具なデザインですね。

 

リビングからみたキッチン。

今回のコーディネイトで使用したソファー&ダイニングチェアは前回に引き続き大阪南堀江のノーチェさんの商品です。

ちなみに一番手前に見えているローテーブルは自分で作ったDIY品です。

欲しいサイズのテーブルを家具屋さんで買おうとすると、5万近くしたので廃材を使用して手作りしました。

見た目はいい感じなので、個人的には気に入ってます、( ´∀` )

正面にあるのは作り付けのテレビ台。

室内壁にデザインしているのはケミュー製のリサイクル内装ボードです。

この新しい内装ボードは、塗装による着色を行わず、セメントの素地そのままで自然な表情を見せる、全く新しいコンセプトの内装材となっています。

グッドデザイン賞やグッドデザインアワードを受賞している確かなデザイン!

リビングの壁で使用している珪藻土入りの漆喰壁との相性も良いです。

圧倒的な存在感のある吹抜けとなりました。

カッコイイ、アートな壁をぜひご覧ください。

リビングには吹き抜け別カットです。

南の光を独り占め出来る明るい空間。

吹き抜けは冬は寒いという印象がありますが大丈夫です。

葛城建設の家は【夏は涼しく、冬は暖かい、ダブル断熱】の家が標準仕様となっています。

自信をもって吹抜けをお勧めいたします♪

こちらは2階の廊下です。

今回のモデルハウスは主寝室は和のテイストを取り込んでいます。

ここもぜひご覧になって欲しいポイントの一つですね。

サニタリールームは3帖スペース+収納庫。

広くてお洒落で使いやすいがコンセプトです!

しかも玄関から直接サニタリーに直行出来る、泥んこ動線にも対応しています。

玄関ホールに設置した手洗いスペース。

これがあれば手洗いの習慣付けもバッチリOK!

向かって左には大容量のシューズクロークです。

まだまだご紹介しきれませんが、本日はここまでとさせて頂きます。

この続きは広陵町の時計台公園前3期のモデルハウスにてご確認下さい。

では、モデルハウスでお待ちしています。

ページバック