奈良県の自然素材・天然無垢・ダブル断熱を採用した
新築一戸建・建替え・リフォームなら葛城建設株式会社

株式会社葛城建設

株式会社葛城建設

続‼️モデルハウス オープン‼️

みなさん こんにちは 工事部の葛城です。

この度、大和高田市の東三倉堂に完成しましたモデルハウスのご紹介の続きです。

リビングドアを開けると17帖のLDK。

天井が梁見せ仕様なので、天井が高く開放感があります。

床材は無垢材のフィランドパインを使用。北欧で育ったパイン材は寒い気候の中で育っているので、木目が詰まっおり品質が大変良いと言われています。

着色はオスモカラーのテラ色。

この質感はぜひモデルハウスで体感してください。

キッチンのサイドの壁には小窓があります。

キッチンから小窓を覗けばリビングドアが見えるので、お料理している時に、家族が帰宅してもすぐにアイコンタクトが出来ます(^^)

お洒落なカフェ風なダイニングスペースに仕上がりました。

キッチンにはパントリー(食品庫)もあるので使い勝手抜群です。

作り付けのTVボードの両サイドにはリビング収納庫。

このリビングには家具は不要です!

リビング横には一段上がったタタミスペース。

またニッチスペースを利用したデスクコーナーもあります。

個人的には階段横のデスクコーナーが気に入ってます♪

なんだか集中して勉強が出来そうな気がします(笑)

タタミスペースの高さは床から40cm。

ちょうど人が座るのに良い高さなんです。

モデルハウスご見学の際はぜひ座ってみて下さい(^^)

タタミスペースは2枚引き戸がありますので、個室として利用することもできます。

モデルハウスの見どころはやっぱり室内壁。

珪藻土入りの漆喰の壁です。

この質感は写真ではなかなか伝わらないので、このブログを見られた方はぜひ弊社のモデルハウスに遊びに来て下さい♪

きっと今後の家づくりの参考になるかと思います😊

ではモデルハウスでお待ちしてます。

モデルハウス オープン‼️

みなさん こんにちは 工事部の葛城です。

ついに令和最初の葛城建設presentsのモデルハウスが完成しました😊

屋根は洋瓦(三州瓦)のカパラスKS。色はランダムブラウン。

外壁は外断熱&塗り壁。塗り方はローラー刷毛引きで、色はホワイト。

窓の額縁にはジョリパットのJQ650のT5016を使用しました。

玄関ドアはLIXILのD11。色はチーク。

枕木にはレイルスリーパーペイブを使用。この枕木はコンクリート製なので、腐ったり白蟻の心配がないのでGOODです。

アプローチは乱形石張り。

色はゴールデンイエロー。階段のピンコロ石とよくマッチしています。

それにしても今回の乱形石張りのデザインは見事に決まりました!

美しいアプローチです。

玄関ホール。

向かって左のウエスタンドアを開けるとシューズクロークがあります。

ウエスタンドアはいちいち手でドアの開け閉めをしなくて済むので、ホント便利です。

玄関ホールの壁には鍵ニッチ棚🗝。

こちらはスリッパラックのニッチ棚。

あとサボテン専用のニッチ棚もあります(笑)

玄関ホールの壁は珪藻土入りの漆喰(しっくい)で仕上げているので、ちょっとしたニッチ棚も質感があり良い感じです。

リビングドアはLIXILのヴィンティアのチーク色。チェッカーガラス仕様。

最近の葛城建設が得意とする清潔感とビンテージ感が融合した、お洒落な雰囲気になりました。

では、続きましてリビングです。

続く

広陵町三吉M様邸 本日上棟です

みなさん こんにちは 工事部の葛城です。

最近の雨模様のせいでなかなか予定がくめませんでしたが、本日無事にM様邸の上棟が完了しました。

大工さんに頑張って頂き、野地のルーフィング工事まで進む事が出来ました。

屋根材の搬入も完了。

これで雨が降っても安心して、明日から工事が進められます。

 

本日はおめでとうございました😊

浴室リフォームを行いました

みなさん こんにちは 工事部の葛城です。

本日は先週1週間かけて工事を行っていました浴室入れ替え工事の報告をさせて頂きます。

まずはビフォーです。

築25年の在来工法のお宅です。

中庭が美しく、浴室タイルの状態も綺麗なので最初はリフォームが勿体ない‥と思いましたが、どうしても日々のお掃除が大変なのと冬場は寒いということもあり、今回リフォームをすることとなりました。

上記の写真は工事開始3日目の状態です。

今回は浴室手すりを取り付ける関係で、窓の位置を少し高くしました。

また、浴室の入り口の土台が長年の水漏れで腐食しており、家の補強の事を考えても良いタイミングでのリフォームとなりました。

今回のユニットバスはタカラスタンダード製の耐震バスです。

土間コンクリートや耐震架台など、他メーカーに比べると費用や工期が少し多く発生しますが、商品はしっかりしているなぁ〜といつも思います(^^)

浴室のリフォーム完了です。

洗面所のクロス工事が終了したのが工事開始して6日目。

写真を見比べてみても、浴槽が大きくなったのでゆったり湯船に浸かれそうですね。

リフォーム工事の見積もりは無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい(^^)

クロス工事が終わりました

みなさん こんにちは 工事部の葛城です。

葛城建設の家は構造&断熱性能にこだわっていますが、当然ながらデザインにも妥協なくこだわっています。

今回のモデルハウスのクロスのコーディネートを担当したのは弊社女性スタッフの木津谷。

クロスのデザイン決めはモデルハウスの善し悪しを決める大変重要な仕事です。

色々は雑誌で勉強したり、お洒落なカフェ巡りを趣味とされている方なので、クロスのセンスは良いです。

一緒に仕事をしていて、今回改めてこの人はインテリアが好きなんだなぁ〜ということが良く分かりました。

では、完成ホヤホヤのクロス工事の仕上がりを、どうぞ(°▽°)

主寝室。

天井を暗い色にして、落ち着いた空間に仕上げています。ベッドのヘッド部分がくる壁も少し暗めにしているので、高級感のある部屋になりました。

子供部屋。

インパクトのある黄色の壁紙。

活発で元気が自然と溢れ出す部屋に仕上がりました。

子供部屋のクローゼット内部にはムーミンが!

ムーミンの出身はフィンランド。

葛城建設のフローリングはフィンランド産の無垢材を使用しているので、まさかのフィンランド繋がり🇫🇮(°▽°)

サニタリールーム。

最後まで色決めを悩んでいた場所です。

今回は洗面化粧台の色を活かすため、白で統一。

仕上がりが楽しみです。

2階トイレ。

清潔感のあるデザインです。

僕は一度ヘリンボーン柄をモデルハウスに採用して失敗した経験があるので、今回は成功例が見れて良かったです(笑)

高級感と上品さがありながら、どこか懐かしい、お洒落な空間となりました。

クロス工事が終われば、漆喰壁の仕上げに入っていきます。

漆喰壁の完成は来週の火曜日を予定しています。

お楽しみに!

フラワーボックス

みなさん こんにちは 工事部の葛城です。

いよいよ大和高田市東三倉堂のモデルハウスの建築も佳境に入ってきました♪

外観はほぼ完成しました。ブラウン色の洋瓦が可愛い、真っ白な家です。

今回はフラワーボックスをワンポイントにデザインしました♪

リビングは天井と和室の壁紙は完了。

いよいよ漆喰壁を残すところとなりました。

さぁ〜いよいよです。

お楽しみに!

 

漆喰の壁 下塗り

みなさん こんにちは 工事部の葛城です。

本日よりモデルハウス内の漆喰塗りの、下地工事が始まりました。

まずは大工さんが施行したプラスターボードの継ぎ目にメッシュテープを貼っていきます。

漆喰壁はどうしても仕上げた表面にクラック(ヒビ割れ)が入りがちです。

このメッシュテープを全ての継ぎ目に貼っていくことから、漆喰工事がはじまります。

次にビスの頭やボードの継ぎ目に専用の下塗り材を塗って、ボードの不陸を無くしていきます。

弊社が使用している下塗り材はアクやシミ止めも出来る下塗りプラスターです。

左官職人さんが手際よく施行していきます。

あっ!

そういえば、本日外部の足場の解体がありました♪

足場がなくなりスッキリしました。

外部もいよいよ終盤戦です。

これからどんどん可愛く、かっこよく、美しく仕上げていきます‼️

大和高田市のモデルハウス、乞うご期待(°▽°)

植物性 オスモカラーを塗りました

みなさん こんにちは 工事部の葛城です。

現在建築中の東三倉堂モデルハウスでは大工さんによる造作工事が終わりました。

そして只今、葛城建設の社員で内部の塗装工事を行っています。

葛城建設の家は自然派住宅がモットーなので、塗装の材料にもこだわっています!!

使用しているの植物性塗料であるオスモカラーです。

赤ちゃんの玩具にも使われる、舐めても安心のドイツ製塗料♪

この塗装は二人一組でおこないます。

営業の吉村が刷毛でペンキを塗って、経理の木津谷がウエスで拭き取ります♪

スピード勝負!

急がないと色むらが出てしまいます。

息の合ったコンビでドンドン仕上げていきます!

明日はキッチンの取り付け。

来週からはいよいよ左官職人による、珪藻土入り漆喰の塗り壁工事が始まります。

あ〜完成が楽しみです♪

お楽しみに😊

塗り壁の家

みなさん こんにちは 工事部の葛城です。

只今建築中の大和高田市東三倉堂のモデルハウスでは、外壁の塗り壁工事を行っています。

一般的な住宅はサイディング仕上げが主流ですが、葛城建設は左官職人の技術を駆使して手間がかかっても塗り壁の家にこだわって施工しています。

塗り壁の家は左官職人さんがコテを使って仕上げいきます。

なので当然ながら一棟一棟デザインが微妙に違ってきます。

まさにオンリーワン住宅です!

よく塗り壁の家はデザイン的には綺麗だけど、クラック(ヒビ割れ)が入りやすいや汚れが付きやすいなどの悪評をチラホラ見聞きします。

 

でも大丈夫です‼️

葛城建設の塗り壁は心配ご無用です‼️

塗り壁を標準仕様にして約10年。

大きなクラックはまだ一度も発生していないですし、表面の汚れもまだまだ美しさをキープしています。

 

美しく耐久性が高くオンリーワンな住宅。

ホントに良い家ですよ(笑)

ニッチ棚

  • 2019年05月19日 PM03時53分
  •  

みなさん こんにちは 工事部の葛城です。

先日、建築中のモデルハウスにてニッチ棚の打ち合わせを行いました😊

本来ならただの壁になってしまうところを、大工さんにお願いをして壁を凹ませてもらうニッチ棚。

このニッチ棚がなかなか曲者で、むやみに作っても部屋がごちゃごちゃするだけなんで、実はちょっとセンスが必要になってきます。

この木枠のサイズを決めるのも工務担当者とデザイン担当者と大工さんとで何度もディスカッションを行いました(笑)

モデルハウスのニッチ棚は玄関ドアを開けた瞬間にまず目に飛び込んで来ます。

ここでハイセンスな家かどうかの明暗が分かれます(°▽°)♪

みなさんも東三倉堂のモデルハウスが完成した際は、ニッチ棚にも注目して下さいね。

 

 

ページバック